問診の重要性

患者様の基本情報と既往歴、現在の症状、悩みなどを記入していただきます。

カウンセリング

問診票の内容を元に患者様の日常生活動作から、日頃のクセ、生活環境などをカウンセリング致します。何が原因で今の状態になっていて、何をすれば治っていくのかをわかりやすくお伝えします。

検査

痛みの出る姿勢、動き、立ち方、歩き方などを確認していただく事で、何が原因で痛みが出て、何が原因なのかをわかりやすく理解していただきます。痛みの原因を理解 認識していただく事が重要だと思います。

施術

治療を行う際は必ず、今から何をして、それがどういう意味を持っているか、どうゆう効果があるのかという事をわかりやすく説明します。豊富な種類のセルフケア トレーニングなどから症状に合ったものをわかりやすく説明致します。日常生活での食事、睡眠、呼吸などを含め、患者さんの治癒力を最大限に発揮する方法をお伝えします。